Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報も検知するPCバックアップソリューション - 富士通四国システムズ

富士通四国システムズは、クライアントPC内部のデータを保全、管理するソフトウェア「瞬快/kura Rel.1.0」を発売した。価格は9800円から。

同製品は、クライアントPC内部のデータについて自動的にバックアップするソリューション。管理不備により誤ってデータを削除したり、故障時のデータ滅失を防止できる。

ファイルの作成や更新、削除時にパソコン内へバックアップデータを作成する「リアルタイム・バックアップ」と管理者が指定したスケジュールやイベント発生時にバックアップを行う「サーバ・バックアップ」機能を用意。重複データの排除や自動クリーンアップなど、効率よくバックアップが行える機能を搭載した。

またバックアップしたデータの所在確認や個人情報の検知機能を用意。さらにパソコンのリモート制御や操作、利用情報収集、ディスクイメージ配信機能、リモートによるデータの消去など搭載している。

(Security NEXT - 2009/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK