Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性のリモート診断や管理支援を行うサービス - 住商情報システム

住商情報システムは、ネットワークに設置した機器やサーバ、クライアントPCの脆弱性検査やセキュリティポリシーの管理を支援する「脆弱性統合管理支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、データセンターよりインターネット経由でリモート診断するサービス。複数拠点の脆弱性を一元管理することが可能。サービスの提供にあたっては、QualysのSaaS型サービス「QualysGuard」を採用した。

顧客のニーズにあわせ、「QualysGuard」を提供するベーシックコースにくわえ、要件定義やシステム設計、運用設計支援を支援する「スタンダードコース」、さらに管理者向け報告会、達成度レビューを実施する「アドバンスドコース」を用意している。

価格はベーシックコースが100万円/年、スタンダードコースは300万円/年、アドバンスドコースは500万円から。

(Security NEXT - 2009/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ