Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性のリモート診断や管理支援を行うサービス - 住商情報システム

住商情報システムは、ネットワークに設置した機器やサーバ、クライアントPCの脆弱性検査やセキュリティポリシーの管理を支援する「脆弱性統合管理支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、データセンターよりインターネット経由でリモート診断するサービス。複数拠点の脆弱性を一元管理することが可能。サービスの提供にあたっては、QualysのSaaS型サービス「QualysGuard」を採用した。

顧客のニーズにあわせ、「QualysGuard」を提供するベーシックコースにくわえ、要件定義やシステム設計、運用設計支援を支援する「スタンダードコース」、さらに管理者向け報告会、達成度レビューを実施する「アドバンスドコース」を用意している。

価格はベーシックコースが100万円/年、スタンダードコースは300万円/年、アドバンスドコースは500万円から。

(Security NEXT - 2009/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応