Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky」と「i-FILTER」の統合製品が今年秋に登場

Kaspersky Labs Japan、デジタルアーツ、丸紅情報システムズの3社は、フィルタリングとウイルス対策を統合した新製品の開発、販売において協業すると発表した。新製品「i-FILTER Powered by Kaspersky(仮称)」を2009年9月に市場へ投入する予定だという。

今回の協業は、丸紅情報システムズの呼びかけにより実現したもの。開発が進められている新製品では、デジタルアーツのフィルタリングソフト「i-FILTER」と、カスペルスキーのウイルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server」における機能の統合を目指している。

外部ネットワークと社内ネットワーク間の通信経路に設置されたサーバに同製品をインストールし、通過する社内外間のインターネット通信へ「i-FILTER」によるウェブフィルタリングや、「Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server」によるウイルス対策の機能を提供する。

ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェアなど不正プログラムを検知して駆除するほか、 不適切なサイトへのアクセスをブロックするとともにウェブメールや掲示板の利用を防いで、内部からの情報漏洩を防止する。

500ユーザーで200万円程度の価格帯を想定しており、丸紅情報システムズが販売と保守サポートを行う予定。

(Security NEXT - 2009/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
ルネサスとESCRYPT、車載ECU向けのセキュリティソリューション
日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業