Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

mixiでオンラインゲームユーザー狙うスパムコメントが多発、ウイルス感染の可能性も

SNSサイト「mixi」のコミュニティのトピックや公開日記において、オンラインゲームユーザーを狙った不正投稿が発生しており、同サイトを運営するミクシィでは注意を呼びかけている。

同社によれば、問題の投稿においてURLをクリックしたり、ダウンロードしたZIPファイルを開くと、「Trojan.Win32.Inject.xvb」や「Trojan-Downloader.JS.Iframe.avu」などトロイの木馬に感染する可能性があるという。感染するとオンラインゲームやmixiのアカウント情報が盗まれるおそれがある。

不正投稿の多くはオンラインゲーム関連のコミュニティに単発トピックを作成したり、全体公開に設定されている日記のコメント欄に投稿されており、オンラインゲームに関連しているようなリンクに偽装しているほか、有名サイトに似せた紛らわしいURLや、末尾に「.zip」が含まれるURLとなっている。

同社では、スパム投稿について削除するなど対応を進めているが、不審な投稿については、URLをクリックしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
ESETのエンドポイント用インストーラーに脆弱性 - 最新版の利用を