Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

mixiでオンラインゲームユーザー狙うスパムコメントが多発、ウイルス感染の可能性も

SNSサイト「mixi」のコミュニティのトピックや公開日記において、オンラインゲームユーザーを狙った不正投稿が発生しており、同サイトを運営するミクシィでは注意を呼びかけている。

同社によれば、問題の投稿においてURLをクリックしたり、ダウンロードしたZIPファイルを開くと、「Trojan.Win32.Inject.xvb」や「Trojan-Downloader.JS.Iframe.avu」などトロイの木馬に感染する可能性があるという。感染するとオンラインゲームやmixiのアカウント情報が盗まれるおそれがある。

不正投稿の多くはオンラインゲーム関連のコミュニティに単発トピックを作成したり、全体公開に設定されている日記のコメント欄に投稿されており、オンラインゲームに関連しているようなリンクに偽装しているほか、有名サイトに似せた紛らわしいURLや、末尾に「.zip」が含まれるURLとなっている。

同社では、スパム投稿について削除するなど対応を進めているが、不審な投稿については、URLをクリックしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開