Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

24時間対応のネットワーク監視サービスを開始 - ALSOK

綜合警備保障(ALSOK)は、ネットワーク監視サービスを5月20日より提供開始する。

同サービスは、顧客の企業内ネットワークに機器を設置し、ウイルスや不正侵入対策や内部からの情報漏洩を常時監視するサービス。監視機器には、フォーティネットジャパンのUTM製品「FortiGate」を採用した。

同社の情報警備監視センターにおいて24時間体制で監視し、危険な通信を検知した場合は、通信の遮断や指定業者への連絡など緊急対応も実施する。

さらに機器で取得したログについては分析を実施し、情報漏洩の可能性がある通信について月次レポートで通知するほか、ファイル共有ソフトの利用など緊急性が高い情報について即時通報する。

月額利用料は2万4980円から。別途初期導入費が必要。

(Security NEXT - 2009/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」