Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム対策製品「SPAM WATCHER」に誤送信対策機能を追加 - ダウジャパン

ダウジャパンは、メール誤送信対策機能を搭載したスパム対策製品「SPAM WATCHER」最新版を6月1日より提供開始する。

同製品は、スパム、ウイルスメール、フィッシングメールを防ぐスパム対策製品。RPD技術によるフィルタのほか、学習型フィルタ、SMTPフィルタ、Dr.WEBのウイルスフィルタなどを搭載しており、画像スパムや新種のスパム、ウイルスにも対応する。

今回提供される「同Version6.4.0」では、メールの誤送信対策機能を追加。添付ファイルを自動で圧縮、暗号化して送信する機能や、メールの送信を遅延させる機能などを搭載している。

アプライアンス製品の「同500」「同A300」シリーズや「同ソフトウェア」の既存ユーザーは、無償で最新版にバージョンアップできる。また「同100」「同200」「同300」シリーズのユーザーに対しては、対象製品へのアップグレードプログラムが用意されている。

(Security NEXT - 2009/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開