Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バックアップとレプリケーションの連携ソリューションを発売 - 日本CA

日本CAは、企業向けリカバリマネジメントソリューション「CA ARCserve r12.5シリーズ」を発表した。

同シリーズは、バックアップソリューションである「CA ARCserve Backup」とレプリケーションソリューション「CA ARCserve Replication」「CA ARCserve High Availability」の最新版。共通の日本語インタフェースを搭載しており、バックアップとレプリケーションの連携を実現している。

「CA ARCserve Backup」では、重複したデータを排除しながらデータを保存できる「データ・デデュプリケーション」機能を搭載。ユーザプロファイルによるアクセスコントロールが可能。またウイルス対策や暗号化ツールをサポートしている。

また「CA ARCserve Replication」「CA ARCserve High Availability」では、物理的なシステムだけでなく、仮想化環境にも対応しており、「VMware」や「Hyper-V」をサポートしたほか、今回より「Windows Server 2008」「Oracle Database」などサポートするプラットフォームを拡張した。

(Security NEXT - 2009/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
カスペルスキー、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品の新版
NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」
暗号化などセキュリティ面を強化したバックアップソフト - プロトン
NTTデータ先技、Oracle製品向け一次保守サービスを提供