Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC電源オフでも遠隔操作でデータ使用不可に - 富士通らが新技術

富士通、富士通研究所、ウィルコムの3社は、PHS回線による遠隔操作で、ノートPC内部のデータを消去するセキュリティ対策ソリューションを発表した。

今回開発したのは、遠隔操作でハードディスク内のデータを消去できる技術。専用の通信モジュールをノートPCに内蔵し、常時待ち受け状態を維持するため、PCの電源が入っていない状態でもPHSの通信圏内であれば「データ消去機能」「PCロック機能」を利用できる。

「データ消去機能」では、暗号化機能を搭載したハードディスクにおいて復号に必要となる暗号鍵を瞬時に消去し、データを復元を阻止するもの。また「PCロック機能」によりPCの操作そのものを抑止できる。

富士通では同技術を採用したノートPCを2009年度第3四半期より法人向けに提供を開始する予定。また富士通グループの従業員へ業務用ノートPCとして順次導入するという。

(Security NEXT - 2009/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
DNPら、セキュアチップを活用した金融機関向け遠隔保守サービス
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発