Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトのソースコードから脆弱性を診断 - NTTコムテクノ

NTTコムテクノロジーは、ウェブサイトなどソフトウェアの脆弱性についてソースコードより診断を行う新サービスの提供を開始した。

今回同社が開始した「ソースコード診断サービス」は、ウェブサイトのソースコードを専門家が診断し、脆弱性について対策案や診断書を提供するサービス。オプションとして、見つかった脆弱性に対する技術面でのサポートや再診断、リモートによる診断なども提供する。

対象プラットフォームは、「Windows」「Mac OS X」「Linux」「Solaris」「HP-UX」「AIX」、対象言語は「C」「C++」「Java」「JSP」「C#」「VB.NET」「PL/SQL」「TSQL」「XML」「PHP」を予定している。

同社では、プログラム開発ベンダーや、すでにシステムを運用する企業に対してサービスを提供するほか、NTTコミュニケーションズと協業し、同社が法人向けに展開する情報セキュリティ対策メニューとしても展開する。

(Security NEXT - 2009/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY