Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトのソースコードから脆弱性を診断 - NTTコムテクノ

NTTコムテクノロジーは、ウェブサイトなどソフトウェアの脆弱性についてソースコードより診断を行う新サービスの提供を開始した。

今回同社が開始した「ソースコード診断サービス」は、ウェブサイトのソースコードを専門家が診断し、脆弱性について対策案や診断書を提供するサービス。オプションとして、見つかった脆弱性に対する技術面でのサポートや再診断、リモートによる診断なども提供する。

対象プラットフォームは、「Windows」「Mac OS X」「Linux」「Solaris」「HP-UX」「AIX」、対象言語は「C」「C++」「Java」「JSP」「C#」「VB.NET」「PL/SQL」「TSQL」「XML」「PHP」を予定している。

同社では、プログラム開発ベンダーや、すでにシステムを運用する企業に対してサービスを提供するほか、NTTコミュニケーションズと協業し、同社が法人向けに展開する情報セキュリティ対策メニューとしても展開する。

(Security NEXT - 2009/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応