Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PDAやデジカメ、無線LANなどの使用制限を実現した「秘文」最新版

日立ソフトウェアエンジニアリングは、データの持ち出し制御の機能を強化した情報漏洩対策ソリューション「秘文Ver.9.0」を、6月30日より発売する。

同製品は、データの持ち出し制御や暗号化、セキュリティ状況の監視といった機能を提供し、情報漏洩を防止するセキュリティ対策ソリューション。設定したポリシーに基づいて、外部メディア、CD、DVD、印刷、ネットワークドライブ、外付けハードディスク経由のデータの持ち出しを制御できる。

今回発売となる最新版では、「秘文AE Information Fortress」の機能を強化。従来製品では未対応だったシリアルポートや無線LAN、IrDA、Bluetooth、PDA、デジカメなど周辺機器の使用を禁止できるようになったほか、USBメモリについて個体を識別した上で許可することが可能となり、登録されていないUSBメモリの使用を制限できる。

090407hs.jpg
使用禁止できる機器を大幅に強化。ピンクの部分があらたにサポートされたデバイス。

また新製品を2種類を追加した。「秘文AE Optical Disc Encryption」では、光ディスクへの書き込みを暗号化し、 書き込んだファイル名をログとして取得できる。一方、「秘文AE ContentsFilter」では、コンテンツ承認基盤「ContentsGate」 を利用し、「秘文AE Information Fortress」の導入環境において上長が承認したコンテンツのみ持ち出しを許可できる。

クライアントPC1台あたりの価格は、「秘文AE ContentsFilter」が3150円。「秘文AE Optical Disc Encryption」が4200円。

(Security NEXT - 2009/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御