Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PDAやデジカメ、無線LANなどの使用制限を実現した「秘文」最新版

日立ソフトウェアエンジニアリングは、データの持ち出し制御の機能を強化した情報漏洩対策ソリューション「秘文Ver.9.0」を、6月30日より発売する。

同製品は、データの持ち出し制御や暗号化、セキュリティ状況の監視といった機能を提供し、情報漏洩を防止するセキュリティ対策ソリューション。設定したポリシーに基づいて、外部メディア、CD、DVD、印刷、ネットワークドライブ、外付けハードディスク経由のデータの持ち出しを制御できる。

今回発売となる最新版では、「秘文AE Information Fortress」の機能を強化。従来製品では未対応だったシリアルポートや無線LAN、IrDA、Bluetooth、PDA、デジカメなど周辺機器の使用を禁止できるようになったほか、USBメモリについて個体を識別した上で許可することが可能となり、登録されていないUSBメモリの使用を制限できる。

090407hs.jpg
使用禁止できる機器を大幅に強化。ピンクの部分があらたにサポートされたデバイス。

また新製品を2種類を追加した。「秘文AE Optical Disc Encryption」では、光ディスクへの書き込みを暗号化し、 書き込んだファイル名をログとして取得できる。一方、「秘文AE ContentsFilter」では、コンテンツ承認基盤「ContentsGate」 を利用し、「秘文AE Information Fortress」の導入環境において上長が承認したコンテンツのみ持ち出しを許可できる。

クライアントPC1台あたりの価格は、「秘文AE ContentsFilter」が3150円。「秘文AE Optical Disc Encryption」が4200円。

(Security NEXT - 2009/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償