Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリで持ち出した個人情報を紛失 - 黒川木徳証券

黒川木徳証券は、個人情報を保存したUSBメモリを従業員が紛失したことを明らかにした。

同社長浜支店の従業員が、904人分の顧客データを保存したUSBメモリを紛失したもの。氏名や住所、電話番号、顧客番号のほか、一部顧客については預り資産額、取引商品、属性なども含まれる。データを整理するために持ち出していたが、4月20日になくなっていることに気が付いたという。警察へ被害を届けているが、不正に利用されたといった連絡は受けていない。

同社では、個人情報の有無に係わらずUSBメモリをはじめとする外部記憶媒体の使用を原則禁止とするほか、管理体制の見直し、従業員教育の実施など再発防止に取り組む。また今回の事故について社内規則に違反したとして、関係者の処分を検討している。

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院