Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都立高校9校で生徒指導要録を紛失 - 単位修得証明書の発行に影響

東京都の都立高校9校において、生徒指導要録の紛失が判明した。単位修得証明書の発行などに影響があるという。

都によれば、2009年3月で閉校となった都立九段高校において、1月末ごろ閉校に伴う生徒指導要録の点検作業を行っていたところ、1995年度から1997年度の全卒業生867人分の指導要録が所在不明になっていることが判明。その後も発見できず、3月27日に教育委員会へ報告した。

これを受け、都教育委員会は4月20日に全都立学校に対し、保管期間内の生徒指導要録の点検を指示。その結果、深沢高校、北園高校、八王子東高校、武蔵村山高校、北野高校など、あわせて528人分の紛失があらたに判明した。

九段高校や北園高校、北野高校の生徒指導要録については、関係者の話から、保管期限を過ぎた書類とともに誤廃棄の可能性が高いという。

さらに4月30日、あらためて生徒指導要録の保管状況を確認したところ、小岩高等学校、駒場高等学校、新宿山吹高等学校の3校で、指導要録の一部が所在不明となっており、管理状況などは現在調査を行っている。

教育庁では関連する高校に対し、卒業生や保護者を対象とした説明会を開催して経緯や今後の対応について説明するよう指示。再発防止検討委員会を設置し、管理体制の構築など対応を進める。

また、紛失した指導要録を再作成し、単位修得証明書の発行時など、学校長が証明書発行先へ事情を説明するなど、卒業生に不利益が生じないよう配慮を求めた。

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
市民公開講座の案内メールで誤送信 - 東海高中校