Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの新人教育用マニュアルを公開 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、情報セキュリティの教育に活用できる資料「新入社員等研修向け情報セキュリティマニュアル」を同センターウェブサイトにて公開している。

同資料は、教育担当者や情報セキュリティ担当者向けに制作された資料で、組織内の研修に活用することができる。ウイルス感染や不正アクセス、ウェブサイトやメールに関連した被害など、それぞれのインシデントやそれにともなう被害の事例をはじめ、原因や対策などを収録している。

また「Winny」や「Share」といったファイル共有ソフトによる漏洩や不正サイトのアクセス、メールアドレスの流出につながる誤送信、ブログの取り扱いなど、特に新入社員により発生しやすい問題にフォーカス。教育を行う担当者に対するメッセージと、新入社員向けの部分について、字体を分けるなど工夫されている。

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート