Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「TotalSecurityFort」が専用USBメモリ採用、デバイス制御を強化

シーピーアイ・リバティー・算法は、情報漏洩対策ソリューション「TotalSecurityFort(TSF)」において専用USBメモリを採用し、5月1日より販売を開始した。価格はオープン。

TSFは、組織において、ファイルの暗号化をはじめ、ソフトウェアやアクセスできるウェブサイト、周辺機器の制限が行えるセキュリティ対策ソリューション。今回、外部記憶デバイスの制御機能を強化するため、専用USBメモリとしてハギワラシスコムの「UDRW G4」を採用した。

TSFでは従来よりUSBメモリについて「ベンダID」「プロダクトID」により制御が可能だったが、市販されているUSBメモリのなかには、同じ型番の製品に同じIDが設定されていたり、IDが設定されていないなど、対応できないケースがあったという。

「UDRW G4」では、USBメモリそれぞれに固有のIDが割り当てられているため、今回の採用により組織内においてより確実にUSBメモリを管理することができるようになった。

090501cl.jpg

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ
東芝情報システム、暗号化ソリューションにデバイス制御機能を追加
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ