Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京工業大学名誉教授の辻井重男氏が「瑞宝中綬章」を受賞

政府が4月29日に発表した2009年度春の叙勲で、情報セキュリティ分野の研究者である辻井重男氏が、「瑞宝中綬章」を受賞した。

同氏は、暗号や認証分野をはじめ情報セキュリティや通信分野の専門家。1933年生まれ。東京工業大学名誉教授や中央大学研究開発機構教授を務め、情報セキュリティ大学院大学学長をはじめ、電子情報通信学会会長、日本セキュリティ・マネジメント学会会長などを歴任。また2007年2月には「情報セキュリティの日」功労者表彰を受賞している。

(Security NEXT - 2009/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者6名を発表