Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Panda、クラウド型ウイルス対策製品のベータ版を公開 - 個人利用は無料

スペインのPanda Securityは、クラウド型ウイルス対策シンクライアント「Panda Cloud Antivirus」のグローバルベータ版を発表した。個人利用であれば、無料で利用できる。

同製品は、ローカル環境における複数の検知技術と、シンクライアントエージェントによるネットワーク経由の非同期クラウド型スキャニング処理の技術を活用するセキュリティ対策製品。

ローカル環境に定義ファイルをインストールしない構造で、メモリやCPUといったリソースの消費を低減させており、同社の説明によれば従来製品と比較してCPUの負担は半分程度だという。

ウイルスやスパイウェア、ルートキット対策機能のほか、ヒューリスティック、グッドウェアのキャッシュ機能を提供し、メモリの消費は平均17Mバイトに抑えた。

マルウェアの診断については、数百万人規模のユーザーコミュニティから情報を収集。ユーザーが受け取ったファイルについて6分以内に自動で分類を行うしくみで、1日当たり5万件以上のサンプルを処理している。

(Security NEXT - 2009/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
セキュリティ対策状況を統計情報と比較できるサービス - NRIセキュア
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル