Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性情報の自動収集を開始 - 開発者へ脆弱性情報公表の場を提供

情報処理推進機構(IPA)は、ソフトウェア開発者が配信する脆弱性情報の自動収集について試行を開始する。

IPAでは、ソフトウェアの脆弱性に関するデータベース「JVN iPedia」を運用しており、今回の自動収集は、より効率的な脆弱性情報の収集を実現するための試み。ソフトウェア開発者に対し、ウェブサイト上でJVNが採用しているRSS形式「JVNRSS」による脆弱性情報の配信を働きかけ、これら情報を収集する。

今回試行では、収集した情報を「JVN iPedia」を通じて公開するなど、開発者に対して脆弱性情報をより多くの利用者へ公表できる場を提供し、脆弱性情報の流通とともに利用者へ対策を促す狙いがある。さらにIPAでは翻訳も行い、英語版のJVN iPediaへ登録するため、海外の利用者に対しても情報を提供する。

試行は、ウェブサイト上で脆弱性をJVNRSS形式で発信し、IPAへ参加手続きを行うことで参加することが可能。IPAでは、配信形式の概要や情報発信のポイントをガイドとしてまとめ、提供している。

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か