Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化機能も統合したエンドポイントセキュリティ製品 - ソフォス

ソフォスは、データ暗号化機能を備えたエンドポイントセキュリティ製品「Sophos Endpoint Security and Data Protection」を、5月11日より発売する。

同製品は、ウイルスやスパイウェアの対策機能をはじめ、ファイアウォール、リムーバブルメディアや未承認ソフトウェアの利用制限、検疫ネットワーク機能など搭載した、クライアントPC向けセキュリティソリューション。

現在買収が進められているウティマコセーフウェアの暗号化ソリューション「SafeGuard」の機能を統合しており、ハードディスク全体や外部デバイスの暗号化のほか、添付ファイル含むメールの暗号化にも対応する。

また、すべてのセキュリティ機能を一元管理することで管理コストを削減したほか、サポート窓口を一本化して24時間365日のサポートを提供するなど、中小事業者向けの需要にも対応する。

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携