Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」の一部環境にXSSの脆弱性

シックス・アパートのCMS製品「Movable Type」において、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が明らかになった。

今回明らかとなった脆弱性は、「Movable Type 4.24 」において、グローバルテンプレートが初期化されていない場合、アプリケーション上の入力項目の一部が適切に入力エスケープ処理されないことからクロスサイトスクリプティングの脆弱性が生じるもの。Enterprise版やオープンソース版などのほか、同バージョンから「Movable Type 4.25」へアップデートした環境でも影響を受けるという。

シックス・アパートでは、脆弱性を解消した「Movable Type 4.25」の提供をすでに開始しており、アップデートや、一部製品については同プログラム適用後のグローバルテンプレートの初期化など対策を強く推奨している。

Movable Type 4.24 でのセキュリティ上の問題について
http://www.movabletype.jp/blog/security-info_mt424.html

シックス・アパート
http://www.sixapart.jp/

(Security NEXT - 2009/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
「Movable Type」向け会員制サイト構築用プラグインなどにSQLiの脆弱性