Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニックウォール、技術者認定プログラム「CSSA」を開始

ソニックウォールは、ネットワークやセキュリティ技術者を養成する認定プログラム「Certified SonicWALL Security Administrator(CSSA)」日本語版を実施する。

同プログラムは、同社のセキュリティ対策製品を利用したネットワークの設計や導入、技術サポートを行う技術者向けに用意されたトレーニングプログラム。同社では同プログラムの提供により、製品の拡販やサポートの強化につなげたい考え。

従来は英語による提供だったが、今回よりトレーニング教材とテストが日本語化された。トレーニングは、ソニックウォール認定トレーナーであるNTTアドバンステクノロジが提供する。第1回目は5月28日、29日の2日間の日程で実施する予定で、費用は20万7900円。

合格者は、テクニカルサポートや製品情報等を優先的に受けることができるほか、パートナー向けイベントやβテストへの参加、名刺における認定ロゴの提示などメリットを受けられる。

(Security NEXT - 2009/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
NHNテコラス、セキュリティ人材の育成サービスを開始 - 制御システムのトレーニングプログラムも
ソフォス、自動化できるフィッシングトレーニングソリューション
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析
NECマネジメントパートナー、「CSIRT」向け研修サービスを拡充
GSX、攻撃者視点で実践的にセキュリティを学ぶ「CEH」などを国内展開
NEC、金融機関向けにCSIRTの共同トレーニングサービス
カスペ、法人向けにサービス11種を投入 - 大規模企業へアプローチ
シマンテック、体制整備も含めてインシデント対応を支援