Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染のおそれ - 全日本民医連

全日本民主医療機関連合会のウェブサイトが一時改ざんされていたことがわかった。閲覧者にウイルス感染のおそれがある。

同団体によれば、4月14日10時30分から12時30分にかけて同団体のウェブサイトが改ざんされたもの。悪意あるコードが埋め込まれ、問題の期間中に同団体のウェブサイトを閲覧した場合、ウイルスへ感染したおそれがある。

同団体が更新作業を委託していた業者のPCがウイルスへ感染したのが原因と見られており、ウイルスによって盗まれたFTP情報が外部サーバに送信され、それら情報を用いてウェブサイト上のデータに不正コードが挿入された。

ウイルスに感染した場合、コマンドプロンプトが開かなくなるほか、ブラウザの動作が不安定になったり、なにも操作していないにもかかわらずCPUの負荷が50%近く上がるといった症状が現れるという。

同団体では、心当たりあるユーザーに対し、ウイルススキャナを利用してウイルスの感染について調べるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ