Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染のおそれ - 全日本民医連

全日本民主医療機関連合会のウェブサイトが一時改ざんされていたことがわかった。閲覧者にウイルス感染のおそれがある。

同団体によれば、4月14日10時30分から12時30分にかけて同団体のウェブサイトが改ざんされたもの。悪意あるコードが埋め込まれ、問題の期間中に同団体のウェブサイトを閲覧した場合、ウイルスへ感染したおそれがある。

同団体が更新作業を委託していた業者のPCがウイルスへ感染したのが原因と見られており、ウイルスによって盗まれたFTP情報が外部サーバに送信され、それら情報を用いてウェブサイト上のデータに不正コードが挿入された。

ウイルスに感染した場合、コマンドプロンプトが開かなくなるほか、ブラウザの動作が不安定になったり、なにも操作していないにもかかわらずCPUの負荷が50%近く上がるといった症状が現れるという。

同団体では、心当たりあるユーザーに対し、ウイルススキャナを利用してウイルスの感染について調べるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始