Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9件の脆弱性に対応した「Firefox 3.0.9」が公開

Mozillaは、9件の脆弱性を修正した「Firefox 3.0.9」を公開した。重要度「最高」も1件含まれる。

今回の修正において重要度が4段階中もっとも高い「最高」とされる脆弱性は1件。ブラウザエンジンに存在するバグにより、特定の条件下で任意のコードが実行されるおそれがあるという。「Firefox」以外もMozillaベースのアプリケーションにおいて同様の影響があり、「Thunderbird 2.0.0.22」「SeaMonkey 1.1.16」で修正が行われている。

次に重要度が高い「高」の脆弱性は、「Adobe Flash」の処理おける不具合によりクロスサイトリクエストフォージェリなどの問題が発生するおそれがあった「MFSA 2009-17」や、任意のJavaScriptを実行できる「XMLHttpRequest」の不具合「MFSA 2009-19」など2件。

重要度「中」の脆弱性も2件含まれており、「MFSA 2009-16」では「jarスキーマ」の問題により、HTTPヘッダが無視される問題に対応。また「Refreshヘッダ」によりJavaScriptのURLへのリダイレクトできる脆弱性「MFSA 2009-22」にも対処した。

残り4件は重要度「低」の修正。悪質な検索プラグインによって任意のサイトにコードが注入される問題
をはじめ、埋め込みフレームを含むページを保存した場合にPOSTデータが異なるサイトに送信される脆弱性、スタイルシートとXBLバインディングの不具合、罫線文字と句読点が視覚的に紛らわしく、URLの偽装などに悪用される可能性などへ対応した。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2009/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース