Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

薬事日報の改ざん、ウイルスによるFTP設定の流出が原因か

薬事日報社は、同社ウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされた問題で、調査結果を公表した。また4月22日より、安全性が確認できたページから順次提供を再開している。

同社は、今回改ざん被害が発生した原因について、同社内のPCがウイルスに感染してFTP情報が盗まれたことがきっかけとなり、外部サーバより同社サーバへ不正アクセスが発生した可能性があると分析。

盗まれた設定情報により「HTMLファイル」や「PHPファイル」「Javascript」がダウンロードされ、これらへ悪意あるコードが埋め込まれて、再びウェブサイト上へアップロードされるといった一連の攻撃が自動的に行われていたと見られている。

同社では安全対策として、不正アクセスを受けたウェブサーバを停止し、あらたなウェブサーバへ変更。社内PCに対してOSの再インストールを実施したほか、FTPのために専用機を設けたという。またウイルス対策ソフトを利用していたものの、事故を防げなかったことから、チェック体制の見直しを図るという。

また改ざんされていた4月17日6時から同日19時半までに同サイトへアクセスした利用者に対して、引き続きウイルスのスキャンを実施するなど対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布