Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定電子メール法違反で個人事業者に措置命令 - 総務省

総務省は、出会い系サイトの広告メールを不正に送信していた個人事業者に対し、特定電子メール法に違反したとして4月22日付けで措置命令を行った。

問題の事業者は、出会い系サイト「ガット(GAT)」の広告メールを、受信者の同意を得ずに2008年から2009年にかけて送信していたことから、特定電子メール法に違反するとしてメールの送信方法について改善を命じたもの。

受信者の同意ない広告メールの送信を禁止するオプトイン規制を設けた2008年12月の同法改正以来、措置命令は今回がはじめて。

(Security NEXT - 2009/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
委託先の選定、セキュリティ対策が最優先とする企業は4.6%
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
メルカリ、初回出品時の個人情報登録を義務化 - 盗品対策で
セキュリティ規程違反で職員を懲戒処分 - 理研
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
迷惑メールの相談件数が増加傾向、60歳以上が4割