Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリケーション制御やSSLトラフィックへ対応する「FortiOS 4.0」 - フォーティネット

フォーティネットジャパンは、同社セキュリティアプライアンス「FortiGateシリーズ」向けに最新ファームウェア「FortiOS 4.0オペレーティングシステム」を発表した。

FortiGateシリーズは、ウイルス対策やフィルタリング、ファイアウォール、不正侵入対策機能などを備えたUTM製品。今回バージョンアップでは、「アプリケーション制御」「情報漏洩防止」「SSLトラフィックインスペクション」といったセキュリティ面や「WANの最適化」などネットワーク面を強化した。

「アプリケーション制御」では、ポートやプロトコルではなく、トラフィックを発生させるアプリケーションを認識し、セキュリティポリシーの設定が可能となった。1000種類以上のアプリケーションに対応し、標準外ポートやポートホッピング、プロトコル内でのトンネリングといった制御を実現する。

さらに「SSLインスペクション」により暗号化された通信に対してもポリシー制御を実現。データ漏洩防止機能により、SSLによる暗号化通信を含め、機密情報を特定し、通信を防止するほか、操作やデータなど監査証跡を保存できる。

(Security NEXT - 2009/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始