Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信者レピュテーション技術を搭載したメールセキュリティ製品最新版 - シマンテック

シマンテックは、送信者レピュテーション技術などスパム対策機能を強化したメールセキュリティ製品の最新版「Symantec Brightmail Gateway 8.0」を発表した。

同製品は、ウイルス対策、スパム対策、ファイアウォール、コンテンツフィルタリング、インスタントメッセージ保護など複数の機能を搭載した統合型メールセキュリティアプライアンス。

今回発表された最新版では、スパム対策機能を強化。自己学習するローカルレピュテーションや同社のデータベースをもとにしたグローバルレピュテーションを組み合わせ、ユーザーの環境に応じてスパムをブロックすることが可能になった。

また、安全な送信者からのメールのスキャンを省くことで処理速度が向上したほか、バウンス攻撃防止機能を搭載。送信メールにサインすることで、バウンスバックスパムをブロックする。さらに最新版ではインストールと管理を簡素化。管理にかかる時間を最大70%削減したという。

(Security NEXT - 2009/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応