Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信者レピュテーション技術を搭載したメールセキュリティ製品最新版 - シマンテック

シマンテックは、送信者レピュテーション技術などスパム対策機能を強化したメールセキュリティ製品の最新版「Symantec Brightmail Gateway 8.0」を発表した。

同製品は、ウイルス対策、スパム対策、ファイアウォール、コンテンツフィルタリング、インスタントメッセージ保護など複数の機能を搭載した統合型メールセキュリティアプライアンス。

今回発表された最新版では、スパム対策機能を強化。自己学習するローカルレピュテーションや同社のデータベースをもとにしたグローバルレピュテーションを組み合わせ、ユーザーの環境に応じてスパムをブロックすることが可能になった。

また、安全な送信者からのメールのスキャンを省くことで処理速度が向上したほか、バウンス攻撃防止機能を搭載。送信メールにサインすることで、バウンスバックスパムをブロックする。さらに最新版ではインストールと管理を簡素化。管理にかかる時間を最大70%削減したという。

(Security NEXT - 2009/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など