Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本カード情報セキュリティ協議会が設立 - 参加企業は31社に

日本カード情報セキュリティ協議会(JCDSC)が21日に発足した。参加企業は31社に上っている。

同協議会は、クレジットカードの情報セキュリティに関連する企業の情報交換や連携を目的とした団体。3月に準備事務局を設置し、活動を開始したが、21日に設立総会が開催され、正式に発足した。セキュリティベンダーやPCI DSSの認定評価機関、システムインテグレーターをはじめとする31社が参加している。

都内で開催された設立総会には、一部欠席を除く29社が出席。会則が承認されたほか、事務局にNTTデータ・セキュリティと日本オフィス・システム、運営委員にBSIマネジメントシステムジャパン、三和コムテック、日本IBM、ウィプロ・リミテッドが選出された。JCBやマスターカード、アメリカン・エキスプレス、ビザなどもカードブランドがオブザーバとして出席している。

また総会では日本オフィス・システムの森大吾氏が登壇し、改正割賦販売法などを踏まえたカード業界のセキュリティ動向を紹介。同協議会内に設置されているQSA部会について、国際マネジメントシステム認証機構の瀬田陽介氏活動報告が行われた。

同部会は、QSA監査員の技術向上や国内QSAにおけるPCI DSS要件の解釈を共有することなど目標とした組織で、営業的な視点が監査業務に関する議論に影響を与えないよう、あえてQSA監査資格を持った担当者のみに限定したという。今後Q&A集といった成果物の発表も視野に入れ活動が行われる。

090421jc.jpg
日本オフィス・システムの森氏(左)と国際マネジメントシステム認証機構の瀬田氏

(Security NEXT - 2009/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本クレジット協会、「PCI DSS」準拠のための実施要領を公開
PCI SSC、クレカのセキュリティ基準「PCI DSS」日本語版を公開
クレカ取引のセキュリティ対策強化、「実行計画2017」が策定
日本クレジット協会、「セキュリティ対策推進センター」を設置
2020年までにPCI DSSへ準拠、POSはICカード対応に
NANAROQ、PCI DSS審査機関の認定受けた子会社と連携
ITリスク/コンプライアンスサミット2014がまもなく開催 - 日本CISO協会
【延期】「CISO JAPAN SUMMIT 2013」を開催 - 日本CISO協会
PCI DSS最新版のハイライトが先行公開中 - 変更点が明らかに
PCI DSSバージョン2.0が公開 - 国内ベンダーによる独自翻訳版も