Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校2学年分のテスト成績データを誤って削除 - 評価せずに成績処理

横浜市立橘中学校において、 教諭が成績データを消失し、不正に成績処理が行われたことがわかった。

2008年9月に同年度前期末に行った1、2年生490人分の家庭科におけるテスト結果のデータを、家庭科担当教諭が誤って消去し、テスト結果を評価せず成績処理が行われたもの。

担当教諭は、成績処理を行った際に誤って全データを消去。事業者に依頼したものの復元できなかったという。そのため校長へ事態を報告したものの、答案の回収や再テストなど実施せず評価を行い、生徒や保護者に対する説明もなかった。

3月31日に、教育委員会に対して文書による指摘があり問題が発覚。同校では4月に着任した校長が不適切な処理が行われたと判断し、保護者へ説明や謝罪を行った。またテストの点数など確認し、再度評価を行っているという。

横浜市
http://www.city.yokohama.jp/

(Security NEXT - 2009/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IP電話高額請求74件、被害額5000万円 - IP電話ベンダー反論「法的責任ない」
プレステ20周年記念キャンペーン、応募者情報を誤って消去
人気メーラー「Becky!」の開封通知機能に脆弱性 - アップデートが公開
サンプルフォームに不具合、個人情報漏洩は発生せず - 東芝テック