Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一定時間経過後にデータを自動消去するUSBメモリ - 富士通研究所らが開発

富士通研究所とFujitsu Laboratories of Americaは、特定サーバ以外へのデータコピーを防ぎ、一定時間が過ぎると自動的にデータが消えるUSBメモリを開発した。

今回両社が開発したUSBメモリは、CPUやバッテリを搭載しており、内部データを特定のサーバにしか保存できない新技術「ファイル・リダイレクト技術」を採用。また紛失や盗難が発生した場合も一定時間が経過したり、許可されていないPCへ接続した場合にデータを自動で消去することができる。

富士通で社内試行を行っており、今後は製品化を目指して検証を進めていく。またメール経由や委託先環境からの情報漏洩へ対策など機能拡張を目指す。

090417fi.jpg

(Security NEXT - 2009/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売