Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内改ざんサイトに埋め込まれた「JS_AGENT.AOIP」が週間2位に - トレンドマイクロ調査

トレンドマイクロは、1週間における国内の感染や発見報告数や、ウイルストラッキングセンターで観測した全世界のウイルス検知状況をを取りまとめた。

国内のウイルス感染状況は、「MAL_OTORUN2」が引き続きトップだが、「WORM_DOWNAD.AD」が3位へ後退。2位には、国内の通販サイトや音楽レーベルをはじめ、改ざんにより正規ウェブサイトにも埋め込まれていたJavascript「JS_AGENT.AOIP」が初登場でランクインしている。

同社が同ウイルスの定義ファイルをリリースした4月8日以降、米国では1万9205件、日本においても1万2871件の感染が報告されるなど突出しており、1133件で3位だったオーストラリアを大きく差を付けた。特に7日から急激に増加。10日にピークを迎えた。ただし14日以降は落ち着きを見せている。

同社がまとめた国内外のトップ10は以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(4月6日から4月12日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:JS_AGENT.AOIP
3位:WORM_DOWNAD.AD
4位:MAL_OTORUN1
5位:TSPY_JOMLOON.J
6位:MAL_HIFRM
7位:TROJ_VUNDO.ANL
7位:SPYWARE_TRAK_QUICK
9位:MAL_VUNDO-9
9位:HTML_IFRAME.AJW

全世界のウイルス感染および発見報告数(4月10日から4月16日まで)

1位:MAL_OTORUN2
2位:MAL_VUNDO-9
3位:POSSIBLE_VUNDO-9
4位:MAL_OTORUN1
5位:MAL_VUNDO-6
6位:MAL_VUNDO-8
7位:CRYP_MANGLED
8位:CRYP_TAP-6
9位:MAL_VUNDO-5
10位:TROJ_GETCODEC.CA

(Security NEXT - 2009/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移