Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学や高校などが同窓会名鑑の購入や個人情報の返信求めるDMに注意喚起

全国各地の大学、高校などの教育機関や関連する同窓会では、卒業生に対して同窓会名簿を作成するとして個人情報の記入など求めるダイレクトメールが届いているとして注意を呼びかけている。

問題とされているダイレクトメールは、「人事新報社」から発送されている往復はがき。卒業生に対して同窓名鑑の案内として送付されているもので、名簿の購入を求める内容となっている。

文面には、学校や同窓会と関係ないとの説明があるものの、誤解するケースもあることから各教育機関では、いっさい関係ない団体であるとしてホームページなどを通じて呼びかけている。

また返信用ハガキには、調査票として個人情報などを記入して返送するよう求めているものの、各学校では調査を委託しておらず、回答する義務もないと説明。返信した場合は個人情報の流出につながる危険があるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
県立高で個人情報含むファイルを誤送信 - 新潟県
農産物栽培協力者の個人情報含む名簿を紛失 - 東京都
消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市
地域防災リーダーの名簿が所在不明に - 大阪市
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県