Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語対応した「Check Point Endpoint Security」最新版を発売 - NECソフト

NECソフトは、クライアントPC向けセキュリティソリューション「Check Point Endpoint Security」の最新版を販売開始した。

同製品は、イスラエルCheck Point Software Technologiesが開発した統合セキュリティソフト。ファイアウォール、ウイルス対策をはじめ、プログラムやアクセスの制御、リモートアクセス、ハードディスクやメディアの暗号化といった複数のセキュリティを提供する。単一のインターフェースから一元管理することが可能。

従来、クライアント上で動作するエージェントは英語のみだったが、最新版では日本語を含む5カ国語に対応。設定状況の確認などが日本語で行えるようになった。また、あらたにWindows Vista Enterprise SP1、同Business SP1の32ビット版に対応したほか、必要な機能だけ選択してインストール可能にする統合インストーラが追加された。

090416ns.jpg
日本語のインタフェースを用意

(Security NEXT - 2009/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
ハンモック、「AssetView」に新版 - PCの脆弱性対策機能など追加
日立ソ、SSOソフトの新製品をリリース - 英語OSに対応
サイバネットのPC管理サービスにHDD暗号化機能
標的型攻撃への対策状況を診断する公共機関向けサービス
インターコム、PC管理ソフトの新版 - オフライン端末のログ収集に対応
NTT西日本、小規模事業所向けUTMを販売開始
NEC、サイバー攻撃対策基盤を活用したソリューションを展開
日立シス、SOCを活用したログの相関分析サービス