Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

難読化で検知逃れるAdobe Reader狙った新たな攻撃が発生

日本IBMは、「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」の脆弱性を狙ったあらたな攻撃を4月6日に確認したことを明らかにした。

同社が確認したPDFファイルは細工が施されており、3月にセキュリティパッチが公開された脆弱性「CVE-2009-0927」だけでなく、比較的古い脆弱性「CVE-2007-5659」「CVE-2008-2992」に対する攻撃コードも含まれている。

攻撃コードは、IDSやIPS、ウイルス対策ソフトによる検知を回避するため難読化されていた。また読み込まれたアプリケーションのバージョンによって、攻撃を変化させている。

同社は、最近「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」の脆弱性を狙う攻撃の傾向として、1ファイルに複数の攻撃コードが含まる特徴があると指摘。同社は最新バージョンへアップデートすることにより脆弱性を対応することができるとして、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散