Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリを職員が自宅で紛失 - 西神戸医療センター

西神戸医療センターは、患者の個人情報や看護に関する情報が保存されたUSBメモリを職員が自宅へ持ち帰り、紛失していたことを明らかにした。

所在が不明になっているメモリには、患者6人の氏名、性別、生年月日、診察券番号のほか、看護に関する経緯や情報を要約したデータが保存されていた。

4月7日に同センターの職員が報告書を作成するためメモリを自宅へ持ち帰り、作業を行ったが、9日になって再びメモリを使用しようとしたところ、紛失していることに気付いたという。

同職員は翌日警察へ届け、病院に紛失の報告を行った。同センターでは対象となる患者やその家族に対し、説明と謝罪を行っている。また個人情報の持ち出し禁止が徹底されていなかったとして、職員への指導を強化するとしている。

(Security NEXT - 2009/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸