Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約3分間に相談窓口から個人情報9000件入りPCが盗難 - 福岡大学病院

福岡大学病院において、患者情報約9000人分の情報が保存されたノートパソコン1台が盗まれたことがわかった。

4月11日10時半ごろ、同院の医療相談窓口で利用しているノートパソコン1台が盗難被害に遭ったもの。氏名、患者番号、受診科など同窓口で対応した患者の個人情報約9000人分が保存されていた。またそのうち約1400人分については、相談内容についても含まれる。

同院によれば、窓口の職員が3分ほど席を外した間に何者かに持ち去られたという。またパソコンについては、個人情報保護対策としてパスワードを設定していたと説明している。

被害発覚後、同院では警察へ被害を届けているが二次被害の報告などは受けていないという。再発防止のため施錠管理や院内の巡回警備強化など対策進めている。

(Security NEXT - 2009/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
事務所荒らしで顧客情報が被害に - ニッポンレンタカー
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル