Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地上デジタル放送国民運動推進本部会合参加者のメールアドレスが流出 - 総務省

総務省は、情報流通行政局地上放送課において会合参加者など関係者へメール送信を行った際、メールアドレスが流出したと発表した。

4月10日19時半ごろ、総務省地上デジタル放送国民運動推進本部の「デジタル・サポート推進部会」における構成員候補者や事務担当者に対してメールを送信したが、操作ミスにより本来確認できない他受信者のメールアドレス20人分が閲覧できる状態になったという。

送信直後に同省職員が問題に気が付き、関係者に対して謝罪のメールを送信。メールの削除を依頼した。今後同省では、送信する担当者以外の職員が宛先を再度確認するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致