Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃も確認されている「Adobe Reader」の脆弱性「CVE-2009-0927」を検証 - NTTデータ・セキュリティ

NTTデータ・セキュリティは、「Adobe Reader」や「Adobe Acrobat」の脆弱性「CVE-2009-0927」の検証を実施したレポートを公表した。

今回検証が行われたのは、両ソフトにおける「JavaScriptメソッド」の入力検証で見つかった脆弱性「CVE-2009-0927」。攻撃を受けた場合、第三者によりコンピュータが乗っ取られる可能性がある。

開発元のAdobe Systemsでは、3月に「CVE-2009-0927」をふくめ、複数の問題を解消したバージョン「9.1」「8.1.4」「7.1.1」を公開し、アップデートを推奨。また4月に入って脆弱性を攻撃するトロイの木馬「TROJ_PIDIEF.OE」が発見されており、早急な対応が必要となっている。

NTTデータ・セキュリティでは、「Windows XP SP3」に「Adobe Reader 8.1.2」をインストールした環境を用意。細工したPDFを含むウェブページを閲覧する検証実験を実施し、Linux上から攻撃対象のシステムへネットワーク経由で接続し、不正にコードが実行できることを確認した。

090413nd.jpg
NTTデータ・セキュリティが実施した検証結果の画面。赤枠の部分に攻撃を受けたシステムのプロンプトが表示された。またネットワークの接続状況を実際に確認できた(黄色枠)。

NTTデータ・セキュリティ
http://www.nttdata-sec.co.jp/

(Security NEXT - 2009/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず