Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BBSec、ネットワークやウェブアプリの無料脆弱性診断サービス

ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は、ネットワークやウェブアプリの脆弱性を無料で簡易診断する「CrakerGuard無料スキャニングサービス」を開始した。

同サービスは、インターネット経由でネットワークやウェブアプリケーションの脆弱性を毎日自動的に診断するサービス。検査項目は有料の診断サービス「CrakerGuard」と同様で、検査結果を6段階のリスクレベルで評価。結果はウェブ上から確認できる。

脆弱性が検知された場合は、有償サービスへ移行することにより、具体的な脆弱性の箇所や対応策など記載した詳細レポートを参照できる。

(Security NEXT - 2009/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック