Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一橋大のサーバが不正アクセス被害の可能性 - 詳細は調査中

一橋大学は、一部サーバが不正アクセスを受けたおそれがあるとして、調査を進めている。

同大によれば、留学生課のサーバが、ネットワーク経由で不正アクセスを受けたもので、一部データが削除されたという。同大では問題のサーバを停止し、被害状況や原因など詳細について調査を行っている。

(Security NEXT - 2009/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か