Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

恵安のSSD製品にウイルス混入の可能性

恵安のSSD製品の一部に、ウイルスが混入している可能性があることがことがわかった。同社では詳細について調査を行っている。

今回ウイルスが混入したおそれがあるのは、同社のSSD製品「K-SSD30S-VSM」「K-SSD60S-VSM」2機種の一部。同社では詳細について調査中としており、出荷済みの製品については無償で検査するとして、心当たりがあるユーザーは、同社まで連絡するよう呼びかけている。

恵安
http://www.keian.co.jp/

(Security NEXT - 2009/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファーストサーバ、事故調査委の報告書概要を公開 - 約10年続いた既定外作業が原因
「Suica10周年キャンペーン」の賞品にウイルスが混入 - JR東
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
パナソニックのICレコーダー2機種にウイルスが混入
保守作業のミスで市民図書館利用者の個人情報が流出 - えびの市
バッファローのモバイルルータにウイルスが混入 - NTT東の「光ポータブル」も
ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ
オリンパスのコンパクトデジカメにウイルスが混入
オンラインゲーム「シールオンライン」のパッチにウイルス混入
ドライブレコーダー付属のSDカードにウイルス「MAL_OTORUN2」などが混入