Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Conficker」亜種、感染企業数減少するも一部ユーザーにまん延

マカフィーは、同社データセンターで3月に観測したウイルスや不正プログラムの状況を取りまとめ、公表した。Windowsの脆弱性を悪用する「W32/Conficker.worm」の亜種が、感染マシン数およびファイル数でトップ10内に入るなど、依然として勢力を保っている。

同社の発表によれば、Windowsの脆弱性を悪用する「W32/Conficker.worm」の亜種である「W32/Conficker.worm!job」が感染ファイル数ランキングの2位に、「W32/Conficker.worm.gen.b」が3位に入るなど、依然として活発に活動している。

さらに感染マシン数でもランクインしているが、一方で企業数はトップ10圏外であることから、対策を怠っている一部ユーザーに感染が広がっていると同社では分析している。

感染企業数およびマシン数のトップは先月と変わらず、オートラン機能を利用してオンラインゲームのアカウントを盗む不正プログラム「Generic!atr」。「W32/Conficker.worm」も含め、既知の脆弱性を悪用して感染するものが多く、脆弱性管理の重要性が高まっていると同社は指摘している。

また全体的な傾向として、実行形式のマルウェアは制限されたユーザー権限では実行しないものが多いことから、管理権限を持つ特権ユーザーでの運用は必要最低限に控えるよう求めている。ユーザー環境の管理や監視、制限は、今後の重要な課題になると指摘している。

不審なプログラムのランキングでは、大きな変動は見られなかった。検知企業数、マシン数、ファイル数のいずれも先月同様「Generic PUP.x」がトップを占めた。

また、全体的にアドウェアの数が減少している。正規のフリーウェアにバンドルされているものが多く、インターネットからダウンロードして使用する際には注意が必要だとしている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic!atr
2位:PWS-Gamania.gen.k
3位:Generic.dx
4位:Phish-FraudPay.eml
5位:Generic PWS.ak
6位:PWS-Gamania.gen.j
7位:W32/Conficker.worm!job
8位:PWS-Gamania.gen.g
9位:PWS-Gamania.gen.a
10位:W32/Conficker.worm.gen.b

不審なプログラム(PUP)

1位:Generic PUP.x
2位:Generic PUP.z
3位:RemAdm-VNCView
4位:Adware-OptServe
5位:Generic PUP.d
6位:Adware-Softomate.dll
7位:RemAdm-VNC
8位:Generic PUP.g
9位:Exploit-MIME.gen.c
10位:Adware-Baidu

(Security NEXT - 2009/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に