Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中古PC通販サイト「GENO」が不正アクセスで改ざん

パソコンや周辺機器を販売するGENOの通信販売サイトが不正アクセスを受け、コンテンツが改ざんされていたことがわかった。同社では一時サービスを停止していたが、現在は再開している。

同社によれば、4月4日および7日に不正アクセスが発生し、ウェブサイトが改ざんされ、ウェブサイトへアクセスすると不正サイトへ接続される状態になったという。同社ではプログラムを修正。安全性の確認を実施したとして現在はサービスを再開している。

今回の改ざんでは、閲覧にともなうウイルス感染の可能性について、利用者などから掲示板やブログにおいて不安の声が挙がっている。

同社では、今回の改ざんにより、サーバへのウイルス感染や個人情報流出は確認されなかったと説明。また問題の期間にアクセスしたユーザーに対しては、対策としてブラウザのキャッシュを削除するようアナウンスを行っているが、閲覧にともなう具体的な影響に対しては言及しなかった。

(Security NEXT - 2009/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表
トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション
企業サイトや通販サイトなど関連21サイトが改ざん - マイクロマガジン
湯河原町、アダルトサイト閲覧職員を処分 - ネットバンク用PCがウイルス感染
PCの挙動を監視、脅威を検知する新製品 - トレンドマイクロ