Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール配信システムの障害で一部読者の個人情報が流出 - ダイヤモンド関係会社

ダイヤモンド社の関連会社であるダイヤモンド・フリードマン社において、メールニュースの配信システムに障害が発生し、一部読者の個人情報が流出したことがわかった。

同社によれば、メールニュースの配信システムを強化した直後の3月31日にシステム障害が発生。同日に配信したメールニュース「ダイヤモンド流通情報フラッシュ News」を複数回配信したほか、同メールに直接返信した読者のメールがすべての読者に転送され、メールに含まれる個人情報が流出した。

同社では、流出の対象となる読者に対し謝罪し、今後の対応について検討している。同社では今後、システムの品質管理担当を増員してチェック体制を強化する。

(Security NEXT - 2009/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大