Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCI DSSとISMSの対応関係が確認できるガイドを公開 - JIPDEC

日本情報処理開発機構(JIPDEC)は、「クレジット産業向け PCI DSS/ISMSユーザーズガイド」を公開している。両基準の対応関係が理解しやすいマッピング表を収録している。

同ガイドは、主要クレジットカード会社が設立した国際標準化団体「PCI SSC」の情報セキュリティ基準「PCI DSS」と、経済産業省の信用分野における個人情報ガイドラインやセキュリティ認証基準「ISMS」との関連を解説した資料。

クレジット産業における情報セキュリティ対策の必要性をはじめ、情報処理やコンプライアンスにおけるセキュリティ要件として「PCI DSS」と「ISMS」を取り上げた。特徴や両基準に取り組むメリットなどを解説したほか、参考資料としてマッピング表を用意。また両認証基準の適合事例なども収録している。

(Security NEXT - 2009/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本クレジット協会、「PCI DSS」準拠のための実施要領を公開
PCI SSC、クレカのセキュリティ基準「PCI DSS」日本語版を公開
クレカ取引のセキュリティ対策強化、「実行計画2017」が策定
日本クレジット協会、「セキュリティ対策推進センター」を設置
2020年までにPCI DSSへ準拠、POSはICカード対応に
NANAROQ、PCI DSS審査機関の認定受けた子会社と連携
ITリスク/コンプライアンスサミット2014がまもなく開催 - 日本CISO協会
【延期】「CISO JAPAN SUMMIT 2013」を開催 - 日本CISO協会
PCI DSS最新版のハイライトが先行公開中 - 変更点が明らかに
PCI DSSバージョン2.0が公開 - 国内ベンダーによる独自翻訳版も