Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ASP・SaaS情報開示認定制度」で11サービスがあらたに認定

マルチメディア振興センターは、「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」において、あらたに11サービスを認定した。

今回認定を受けた製品は、NECのASPやSaaSサービスの構築支援プラットフォームサービス「RIACUBE/SP」をはじめ、アルプスシステムインテグレーションのフィルタリングサービス「InterSafe CATS」、両毛データセンターの「シンクライアントソリューション」、オージス総研の監査支援サービス「Can査ぽーと」など、8社が提供する11サービス。

同制度は、ASPやSaaSサービスの比較や評価を行う際に必要となる情報の開示状況やサービスが要件を満たしているか認定する制度。2008年4月より制度が開始しており、今回の11サービスを含め、64サービスが認定を受けている。

(Security NEXT - 2009/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
SaaS型バックアップサービスで国内4社とリセラー契約 - アクロニス
2016年度のSaaS型認証管理サービス市場、前年比3割増
総務省、クラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を改定
7割以上がパブリッククラウドを信頼、63%が顧客情報を保存
国内ネットワークセキュリティ市場は4172億円 - 2020年度には5000億円弱に