Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不在票が届いている」 - 日本郵政を騙り個人情報を聞き出す不審電話が発生

日本郵政は、同社グループを騙って個人情報などを聞き出す不審電話が発生しているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、問題の電話は「不在票が届いている」といった音声ガイダンスを流すもので、ガイダンスに従って操作するとオペレータに変わり、氏名や住所、連絡先など個人情報を聞き出そうとするという。

日本郵政では、グループ企業においてこうした音声ガイダンスによる連絡は一切行っていないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
一石投じるMSのパスワードガイダンス - 多文字種や定期変更は不要、でも多要素認証を
CSAジャパン、IoT機器のリスク評価を解説した資料
制御システムのセキュリティガイド「NIST SP 800-82」に日英対訳版
脆弱性の作り込みを防止する開発支援ツールに新版 - アスタリスク・リサーチ
誤送信でイベントボランティア106人のメアドなど流出 - 横浜市
IPA、NIST策定「重要インフラのセキュリティ向上フレームワーク」の翻訳を公開
トレンドマイクロ、「Windows Azure」環境への対応を強化
日本クラウドセキュリティアライアンスが一般社団法人化
PCI DSS最新版のハイライトが先行公開中 - 変更点が明らかに