Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りUSBメモリ紛失で関係者の処分を実施 - 山形大生協

山形大学生活協同組合は、個人情報が含まれるUSBメモリを職員が紛失した問題で、関係者の処分を実施した。

紛失したUSBメモリには、1万3807人分の個人情報が保存されており、同大学の理事宛てに匿名の手紙が郵送され発覚。同組合では事故を公表し、USBメモリの返却を呼びかけていた。

同組合では、緊急理事会を3月28日に開催。当事者である住まい事業部部長を減俸10カ月とし、他部門への異動、降格とした。理事2人についても減俸2カ月としている。

また今回の事故を受け、「個人情報保護規定」「個人情報管理手順」を制定。外部記憶媒体は指定以外原則禁止とした。USBメモリは依然返還されていないが、インターネット上への情報流出など二次被害は確認されていないという。

山形大学生活協同組合
http://www.yamagata.u-coop.or.jp/

(Security NEXT - 2009/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀