Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ強化目指し、オンラインゲームにOTPを導入 - スクエニ

スクウェア・エニックスは、同社が展開するオンラインゲームサービスのセキュリティを強化するため、ワンタイムパスワードを4月7日より導入する。

オンラインコンテンツやサービスを共通のIDで利用できる「スクウェア・エニックスアカウント」とワンタイムパスワードトークン「スクウェア・エニックス セキュリティトークン」を提供するもの。

「スクウェア・エニックスアカウント」は、同社ホームページから無料で登録できるアカウントサービス。サービス開始時は、「ファイナルファンタジーXI」「テトラマスター」「雀鳳楼」の3コンテンツへ対応し、順次対応コンテンツを拡大する計画となっている。

さらに、同アカウント利用者へ「スクウェア・エニックス セキュリティトークン」を提供。ログインのたびに異なるワンタイムパスワードを利用することが可能となる。当初は、「ファイナルファンタジーXI」のユーザーに限定して発売され、価格は送料込みで980円。

090402se.jpg
セキュリティトークンはVASCOの製品を採用した。

(Security NEXT - 2009/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
楽天銀、法人口座利用者向けにOTPスマホアプリを提供
OBC、「Azure」を活用したマイナンバー管理サービス
ソルクシーズ、マイナンバーを収集管理するクラウドサービス
NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス
IIJ、スマホ用無料OTPアプリ - 端末変更時の移行にも対応
三菱東京UFJ、ネットバンク利用者にカード型トークン
ソフトクリエイト、cybozu.comでSSOを実現するオプション提供
NTTコム、企業向けSSOサービスのトライアル提供を開始