Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けにウェブ経由のウイルス感染を防止する新サービス - NTTぷらら

NTTぷららは、法人向けインターネットサービス「BUSINESSぷらら」のフィルタリングサービスを強化し、ウイルス対策機能を追加したウェブセキュリティサービス「WEBゲートウェイ」の提供を開始した。

今回の機能強化では、従来のURLフィルタリング機能にくわえ、ウェブサイト経由で感染するウイルスの検知が可能となった。また規制するカテゴリについて従来の1種類から4種類に増強されている。

機能実現にあたっては、トレンドマイクロのURLフィルタリング製品「InterScanWebManager」やウェブゲートウェイセキュリティ製品「InterScanWebSecuritySuite」を採用した。

同社ではサービスの提供を記念し、サービス開始月を含む3カ月間の月額利用料金を無料とするキャンペーンを6月30日まで実施している。

また今回のサービス強化により、「WEBフィルタリング」の新規申込受付を4月30日で終了する。「WEBフィルタリング」の現行ユーザーは、引き続き同サービスを利用できる。

(Security NEXT - 2009/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン