Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中津川市、病院職員を懲戒処分 - PC盗難で患者情報が流出

岐阜県中津川市は、患者情報99件を保存した個人PCを車内に置き忘れ、盗難に遭った国保坂下病院の職員に対し、戒告処分を実施した。

同市によれば2月25日、同職員は患者情報99件を個人PCに保存して自宅へ持ち帰ったが、その際にPCを車内に置き忘れ、盗まれたという。翌日被害に気が付き、被害届を提出している。

これを受け同市では、行政に対する信頼を失墜させたとして、3月31日付けで職員に対し戒告処分を実施。また病院長や副院長ら監督者5人に対し、厳重注意処分を行った。

(Security NEXT - 2009/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
業務で入手した個人情報で電話した職員を処分 - 郡山市
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
顧客情報含む帳票を紛失、棚ごと誤廃棄か - ウエルシア薬局
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大